リリース公開記念の特別割引は9/12(土)まで

*30日間の満足保証付き、安心してお試しいただけます

講義内で出てくる「朴元淳」氏は、2020年7月9日に突然死しています(遺体で発見される)。前日の夜、元秘書によるセクハラ告発があったと報じられていますが、死因についての公式発表はなく、事件性も疑われています。本講座は朴元淳氏の死去前に収録したものですが、その後【速報版】として、篠原先生に「朴元淳氏の突然死」についても追加解説して頂きました(講義21)。気になる方は是非チェックしてみてください。

*30日間の満足保証付き、安心してお試しいただけます

告知動画「極秘スクープが明かす文在寅の正体」

元日本共産党員・篠原常一郎が暴く「共産主義の正体」

第二弾:21世紀の共産主義

内容

※全ての講義はビデオ形式で、会員専用サイトや専用アプリでご覧いただけます。

合計31講義、約5時間25分の内容です

*30日間の満足保証付き、安心してお試しいただけます

<第1章> 

講義1:「共産主義の限界」

ソ連東欧圏のドミノ崩壊:なぜ社会主義は弱体化していったのか?


 講義2:「鄧小平と闇の商人」

崩壊危機を迎えた中国社会主義...影で救った中東の武器国家とは


講義3:「スターリンと金日成」

ソ連が生んだ初代指導者:ウソで固められた北朝鮮・建国神話


講義4:「チャイナ・インベージョン」

狙いは尖閣だけじゃない?着実に進む北海道侵略計画


講義5:「共産主義黒書」

大量殺人・テロル・強制収容...なぜ過ちは未だに繰り返されるのか

20世紀末期、現代共産主義の動向

<第2章> 

講義6:「チュチェ思想の秘密①」

マルクス・レーニン主義を"カルト化"した独裁思想の正体


講義7:「チュチェ思想の秘密②」

肉体的生命よりも重宝されるもう一つの生命とは


講義8:「ウソで成り立つ独裁国家」

金一族が絶対的権力者として君臨し続けられるワケ


講義9:「拉致問題の盲点」

標的になった拉致被害者の共通点と"チュチェ思想研究会"の闇


講義10:「北朝鮮・消された御曹司」

金一族家系図から読み解く...金正男が殺される運命にあった理由

個人独裁・全体主義の究極 チュチェ思想(主体思想)

<第3章> 

講義11:「秘密結社・チュチェ思想研究会」

60カ国に広まる洗脳組織の実態


講義12:「なぜ日本人拉致は起きたのか?

よど号事件に隠された恐るべき洗脳教育


講義13:「忍び寄るカルト集団」

教組、労組、政党…なぜ教育者ほど危険思想に侵されやすいのか?


講義14:「北朝鮮が目論む日本分断工作」

アイヌ、琉球に巣食う年間100億円規模の利権構造


講義15:「潜入取材でわかった研究会員の掟」

世界大会で何が行われているのか?

日本におけるチュチェ思想研究会の展開

<第4章> 

講義16:「共産化する文在寅政権」

韓国を牛耳る共産主義団体"チュサッパ"の反日工作


講義17:「慰安婦問題の原点」

新事実:北朝鮮が拉致問題隠蔽に慰安婦を必要としたワケ


講義18:「雇われたニセ慰安婦」

中国人を集めて慰安婦デモを開始?ウラで暗躍するソウル市長


講義19:「文在寅の組織した弾圧集団」

政権批判勢力を一掃...蘇るスターリン時代の恐怖政治


講義20:「北朝鮮がなくなる?」

バッタ大発生、コロナ、金正恩死去説...南北統一へのカウントダウン


講義21:「慰安婦問題を作った男」

反日のキーマン・朴元淳の突然死

韓国におけるチュサッパ(主思派)政権の反日工作

<第5章> 

講義22:「明治維新と中国共産党

なぜ清朝末期の中国人が維新の志士に学んだのか?


講義23:「中国共産党の源流」

毛沢東が孫文から学んだ思想...100年以上受け継がれた共産主義の理念


講義24: 「共産党式:洗脳の極意

国共内戦の惨敗から独裁者へ…毛沢東を大出世させた2つの策略


講義25: 「毛沢東の影と光」

2000万人を虐殺した男がなぜ神と崇められたのか?


講義26: 「中国共産党員の正体」

心に忍び込む技術は天下一?その手口と内部に蔓延る思想とは

中国共産党100年マラソンとアジア・日本 

<第6章> 

講義27:「習近平の拡張主義政策」

中国共産党が”戦前から”続ける対日工作"2つの手口"


講義28:「中国共産党の対日工作

70万人の日本軍捕虜へ洗脳教育...日本兵を工作員へと変質させた方法


講義29:「中国製:日本企業」

中国共産党が日本に作った貿易独占会社"友好商社"とは


講義30:「中国を発展させた日本」

東芝、三洋電気、トヨタ...なぜ日本企業は技術を盗まれたのか?


講義31:「日本を蝕む媚中政治家」

元共産党員が語る...親中派議員が生み出されるメカニズムとは

中国共産党の対日工作

講師

ジャーナリスト・篠原常一郎

1960年東京都生まれ。18歳で日本共産党に入党。公立小学校の非常勤教員を経て、日本共産党専従に。国会議員公設秘書として活動する過程で、党の正式な「共産主義理論」を学び、共産党公認の「社会主義理論・中級」及び、共産党の綱領の講師資格を保有。共産党No3の政策委員長:筆坂秀世参議院議員の第一秘書を務めた他、権力中枢部で様々な実務的経験を蓄積してきた。2004年、党幹部にあたる党中央委員会に勤務した後、自らの信念を貫いて最高幹部の不正を批判したため、突如査問を受け党除籍となった。


党追放後は秘書としての実績を買われ、民主党衆院議員の政策秘書として従事。鳩山由紀夫総理や菅直人総理の裏方スタッフを務めた。共産党出身で政権与党の経験したという人は政界でも稀。以降は、ジャーナリストとして、海外渡航は数百回を超え、軍事、安全保障問題やチュチェ思想に関する執筆・講演活動を行っている。主な著書に『ノモンハンの真実』(筆名・古是三春、光人社NF文庫)、『いますぐ読みたい日本共産党の謎』(徳間書店)。

主な著書

ノモンハンの真実

なぜ彼らは北朝鮮の

「チュチェ思想」に従うのか

いますぐ読みたい

日本共産党の謎

フランス外人部隊

のすべて

3つの違い

日本共産党で国会秘書まで務めた篠原先生は、権力者たち(幹部)と一緒に活動する過程で、共産党の裏側、本音の部分を見てこられました。そのため、単に本だけ読んでいる学者や保守系言論人には見えていない、現実に即した、共産主義の本音が手に取るように分かります。 


共産主義には、公に知られる「顕教」と、本当に核心的な党幹部にしか教えない「密教」があるようですが(言わばホンネとタテマエ)、篠原先生は、その「密教」を完璧に極められ、党の正式な「共産主義理論」の講師資格まで保有する、非常に稀有な存在。 


本講座では、独自に変化を遂げてきた「21世記の共産主義」について、ホンネとタテマエの両面から解き明かしていきます。そのため、タテマエだけを扱う他の講座や本にはない、より本質的な視点から、共産主義の嘘を見破ることができます。それと同時に、その思想の恐ろしさも理解することができるでしょう。 

共産党中枢部での実体験を基にした解説

#01

篠原先生は、共産党員時代に「北朝鮮の拉致問題」真相の究明に最前線で取り組んだ経験があり、複数の脱北者とも人脈網を築く中で、北朝鮮の内部事情に深く精通。さらに党員時代から「チュチェ思想」を監視する立場として、1970年頃の日本進出時からずっと彼らの活動を追ってきました。 


日本共産党を離れた後も、自らの足で全国各地に赴き、様々な人脈から情報を聞き取る中で、金正恩氏の健康不安説や、文在寅大統領に関する重大スクープ、チュチェ思想研究会の秘密工作の実態など、まさに命懸けの取材によって、普通のジャーナリストでは入手不可能な情報を手に入れ、共産主義の地下活動や内部情報を暴いてきました。 


本講座では、そのような篠原先生独自の情報源をもとに、「共産主義」勢力について、個人名や団体名まで明確に知ることができ、さらに彼らが繋がる国境を超えたネットワークの存在まで具体的に知ることができます。 

具体的な個人名・団体名まで暴露

#03

篠原先生はこのように仰います。


「共産主義の”生命力”は私たちが想像している以上に強い。日本では『共産主義』に対する総括がきちんとできていなかったため、 知らない間に、北朝鮮の”チュチェ思想”のような異常なカルト思想が入り込んでしまっています。 現に、チュチェ思想に洗脳された人たちが、沖縄辺野古運動やアイヌ民族の特権運動など、左翼活動を水面下で展開・拡大させています。じわじわと目に見えないところで浸透していく… 彼らの”秘密結社的な”手法は、実はコミンテルン流の革命運動のやり方が踏襲されています。」 


篠原先生は、かつて自身も”共産主義者”であったため、彼らの基本的な考え方や行動原理が手に取るように分かります。そのため本講座では、現代の共産主義者がどのようにして日本を崩壊させようと企んでいるのか? いかにして日本人を洗脳させているのか? といった思惑を徹底的に暴いていきます。 

共産主義者の行動原理が分かる

#02

特典

21世紀の共産主義・テキスト講座(PDF)

<特典①> 

「書き込みながら受講してみたい」「篠原先生のお話を文字でも学んでみたい」そんなご要望もあるかと思い、特別に講座のテキストをご用意しました。


pdfでのご提供なので、ダウンロードができます。印刷をして書き込んで頂くことも出来ますし、動画の横に並べて、補助資料として使って頂くことも出来ます。ご自身なりの受講の仕方で、本講義の内容をさらに楽しんで頂くためにご活用ください。


(会員サイト上でのご提供。PDFファイルとしてダウンロード可能。)

特典講義:拉致問題の新事実〜失踪した日本人900名〜

<特典②> 

事件発生から40年以上が経つものの、いまだに解決できていない「日本人拉致問題」。北朝鮮は一体何の目的で拉致をするのか? かつて共産党員時代に「拉致問題」に直接携わり、今も最前線で問題解決に取り組まれる篠原先生が、拉致問題に関する疑問に答えてくれました。


近年、篠原先生が命がけで行ってきた取材で明らかになった拉致問題の新事実...ニュースや新聞だけを見ていては決して分からない、拉致問題の全体像を理解することができるでしょう。


(会員サイト上でのご提供。)

元日本共産党員・篠原常一郎が暴く「共産主義の正体」

100%返金保証

30日間返金保証

この講座には、購入日から30日間の返金保証がついています。内容には自信があるので、きっとあなたには気に入っていただけると思っています。ですが、万が一ご期待に添えない内容であれば、電話一本で講座の代金を全額お返しいたします。

15年間で

166.2万人以上が利用

私たちダイレクト・グループでは2020.08時点、過去15年間で累計166万1699人のお客様に、このような商品サービスを提供してきました。あなたが初めてではありません。なので安心して試していただけると思います。

実際いくら「いい商品です!」と言っても、「本当に?」と思うのは当然だと思います。そこで、一番手っ取り早いのは「実際にお試しいただくこと」だと考えました。なので、この講座には30日間の返金保証がついています。内容には自信があるのできっとあなたに気に入っていただけるはずですが、万が一講座の内容がご期待に添えないようであれば、カスタマーサポートまでご連絡ください。電話一本で講座の代金を全額お返しいたします。講座を全て見たとしても、もちろん大丈夫です。

91%が満足の顧客サポート

48時間以内に対応します

私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、うち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。実際、休業日を除くと、48時間以内にはほとんどのメールに対応しております。

なので安心して取引いただけると思います。

価格

篠原先生は、日本共産党における25年以上の活動で「共産主義」の表も裏も知り尽くした貴重な経歴をお持ちですが、理論だけでなく、日本におけるチュチェ思想の拡散防止に初期の頃から取り組み、党を離れた後も、自らの足で全国各地に赴き、命がけの取材を何度も決行… まさにリアルな共産主義の地下活動の実態を暴いてきた、日本で唯一の存在です。 

そんな篠原先生が仕入れた情報を集約し、一般人にも分かりやすく体系的にお話ししてくれる本講座は、他では手に入らない貴重な情報源です。 


ですが、この内容を少しでも多くの視聴者の方に手にしていただきたい、きちんと共産主義の問題を知ってほしい…そんな思いで通常販売価格は24,800円と致しました。


そして、今回はリリース記念として、更に53%offの特別価格11,800円でご提供させていただこうと思います。

なぜ無料で提供しないのか?

このような講座を売っていると、少なからず「商売なのか」と言う声をもらいます。答えは、もちろん商売です。というよりもあえて「ビジネスにしています」 なぜか? 理由は簡単です。どのようなことであっても、慈善活動では社会に大きなインパクトを与える事はできないからです


今、世界を大きく変えている企業が、全て営利企業であるように・・資本主義の現代では、慈善活動だけで世界を変えることはできません。仮にできたとしても、それには途方もない時間がかかります。


この活動をビジネスにすることで、他よりも優秀な人材を集めることができます。さらに、得た利益を講座の開発・広告投資に回すことで、世の中へ最高の知識を広げ続けていけるとわれわれは信じています。


また、講座を有料にすることは、実は受け取る側にとってもメリットがあります。学ぶ姿勢が大きく変わるからです。あなたも経験があるかと思いますが、無料で読めるニュース記事や、YouTubeの動画はサラっと読み飛ばしますが、身銭を切って購入した本やセミナーは、何か学びを得ようと、必死で読み込むのではないでしょうか? 学びの本気度が全く違うので、情報の吸収力。それを活かす力も段違いになります。


「知識への投資は常に最高の利息がついてくる。」そう、アメリカ建国の父:

ベンジャミン・フランクリンが言うように、車やスーツ、時計などの消耗品を買うのとは違い、払った以上のリターンを着実に得ることができるでしょう。

結局のところ、限りのある時間の中で、どれだけ密度の濃い時間を過ごせるかどうか。自ら身銭を切って、いろんな情報を吸収しているあなたなら、きっとおわかりいただけると思います。

知識は力なり

〜忘れられない共産党員時代の苦い過去〜

正直に言って、篠原先生の話はあまりにも具体的で生々しく、一部の共産主義勢力にとっては不都合な情報が多く含まれているので、常に危険な目に遭うリスクが付きまといます。彼らに目をつけられて、命を狙われる可能性だってあり得ます。


しかしなぜ、そんなリスクを背負いながらも、言論活動を続けるのか? それは、篠原先生が今の日本人の危機意識の低さに、本気で危機感を抱いているからです。

ある”苦い過去”が、篠原先生の活動の原動力となっていると言います。


「実は、共産党員時代に、私は『拉致問題』について様々な情報を入手し、解決のための糸口も掴みかけていました。しかし、すべて共産党の最高指導部に止められ、国会議員のスタッフとして十分な役割を果たすことができませんでした…結局、拉致被害者を取り返すことができず、横田めぐみさんご夫妻にも直接お詫びをしました。今でも、当時のことを思い出し、無念で非常に悔しくなります…」


共産党を離れた現在、篠原先生は際限なくジャーナリストの活動を展開し、共産主義の実態を日本人に発信し続けています。


「二度と同じことは繰り返さない…」
「これ以上、彼らの身勝手な活動で、不幸な日本国民を増やしてはならない…」


そのような強い想いで、残る生涯、命を懸けて戦っていく覚悟で活動されています。これ以上、被害者を生まないためにも、1人でも多くの日本人が共産主義の脅威に気付き、彼らに騙されないようにするためにも、、まずは、私たち1人1人が真実を知ることが必要です。


篠原先生の想いと共に、より良い社会を、私たちの子や孫の世代が希望を持って輝ける日本を一緒に創っていきましょう。お申し込みは簡単です。今すぐ、この下にあるボタンをクリックして、ご参加ください。

ダイレクト出版について

私たちは海外の優れたビジネスやマーケティングの知識を日本に広めるという分野からスタートし、今年で14年を迎え、「政治、経済、歴史」といった分野の事業を始めてからは5,6年ほどが立ちました。


この業界からするとまだまだ新参者な訳ですが、ビジネスパートナーとして、


●政治学、経済学、歴史学など幅広い分野を修め、国際情勢を40年も分析し、バブル崩壊などの未来予測に定評がある国際政治学者・藤井厳喜氏


●スタンフォード大学の中でも格が高い研究機関・フーヴァー研究所。前政権時には在籍する133名の教授のうち25名がホワイトハウスの要職につきアメリカを舵取りする。 その中で唯一の日本人として、30年以上在籍している西鋭夫教授


●「人間国宝」「戦後日本において日本の通史を語れる唯一の人物」とも言われる言論界の大御所・西尾幹二氏


●2度の首相特別顧問、3度の外相特別顧問を務めるなどして、実際に日本外交を動かしてきた、外交評論家・加瀬 英明氏


というような有名な方々とも一緒に、仕事をさせて頂けるようになりました。


講演会や勉強会では、累計17,743人(2019/07/29現在)を動員し、少しずつではありますがリアルなサービスも拡大していっています。

#一流の識者の知識を広める

2020年で創業15年を迎えます。Webを通して160万人以上に教育コンテンツを販売してきました。私たちの会社では、他では手に入らない知識、実際に使える実用的な知識、英語圏にある膨大な知識を含め、その人の成長につながり、人生を変えるような知識を提供できるように全力を尽くしています。


私たちのミッションは、日本社会の一員として、教育を通じて、それを革新し続け、日本を強くするように貢献することです。それは、現在のみならず、次の世代、未来の社会をも、豊かで明るく、希望に溢れた社会にする礎となると信じています。

#私たちのミッション「教育を革新し日本を強くする」

お申込みはこちら

*30日間の満足保証付き、安心してお試しいただけます

このページでの特別価格

11,800円(税抜)

内容:元日本共産党員・篠原常一郎が暴く

   「共産主義の正体」21世紀の共産主義


保証:安心の30日間返金保証

   電話一本で解約可能


特典:2つの限定特典

 ①世界共産革命史・テキスト講座

 

 ②特典講義:

  拉致問題の新事実

 〜失踪した日本人900名〜

 

24,800円  →

会社概要 | 特定商取引法上の表記 | プライバシーポリシー | ダイレクト出版株式会社 サポート


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング13F  TEL:06-6268-0850 FAX:06-6268-0851

Copyright c 2019 ダイレクト出版株式会社. All Rights Reserved.