韓国総選挙後・緊急開催!

篠原常一郎 × 山岡鉄秀によるLIVEセミナー

4月 東アジアで大変革が起きる…

「コロナの裏で進む韓国崩壊

~北朝鮮の”危険思想”が日本に侵食する日~

開催日時 4/19(日)  PM 15:00〜最大17:00

受講費 4,980円(税抜)

*ご自宅のPCやスマートフォンより、LIVE配信形式でご受講いただく講座となります。

*お申し込み日から30日間の返金保証付きです。

(後日、購入者の方には1週間のみ録画版も配信されますので、 ご都合の合わない方でもご安心してお楽しみいただけます。

*申込日から30日間の返金保証付き

韓国大統領・文在寅の「大スクープ」

これは、昨年秋に公表された、ある”大スクープ”を裏付ける極秘資料


実は、この文書の中に、現在の韓国大統領・文在寅にまつわる驚くべき暴露情報が記されていたのだ。


この大スクープは、朝鮮半島・東アジア情勢を揺るがしかねない「タブーな内容」であるため規制がかかったのか、大手メディアが大々的に報じることはほとんど無かった。


そして、今年に入りメディアの報道が「コロナ一色」となると、この事実は全く表に出なくなり、私たち一般の国民が知る機会は消えてしまった…


この文在寅に関する重大なスクープとは、一体どのような内容だったのか?

実は、文在寅の秘密を暴くことで、現在、コロナの裏で密かに進む韓国崩壊への動き、さらには日本にも侵食し始めている”危険思想”の実態が浮かび上がってくるのだ…

「敬愛する金正恩将軍様に謹んで捧げます…」

文書は不気味なタイトルから始まる。(左画像が文書の日本語訳である)


「栄光の朝鮮労働党に限りなく忠実な南の地の革命戦士である我々は、偉大な指導者金正恩将軍様に次のように固く盟誓いたします」


文書の導入文には、北朝鮮最高指導者・金正恩氏に忠誠を誓う文が綴られ、その下には、南の地の革命戦士らが遂行すべき「十項目の誓約」が明記されている。


さらに、「朝鮮民主主義人民共和国万歳!」「栄光の朝鮮労働党万歳!」「敬愛する最高司令官 金正恩将軍様万歳!」と、北の指導者を異様に崇拝する言葉が並んでいる。


そして、最も驚くべきなのが、文書の最後に記された四十の個人と団体の名前である。(下画像)

なんとその中に、韓国大統領の”文在寅”やソウル特別市長の”朴元淳”など、現・元職の国会議員、政府幹部職経験者や政官界に食い込んでいた活動家が多数名を連ねているのだ… この文書は、北朝鮮の”秘密党員”による「誓詞文」とされているが、なぜ、文在寅の名がこの文書に入っているのか…


韓国では「国家保安法」という法律があり、国民が反国家的な団体に関わることは厳重に禁止されている。しかしながら、この文書の内容が本当であれば、あろうことか韓国の最高権力者である文在寅自身が、北朝鮮に忠誠を誓う”秘密党員(手先)”であり、反国家団体に所属する張本人だということになる…

機密文書を入手した篠原常一郎氏

まさに”大スクープ”と言える本文書を入手したのは、元日本共産党国会議員秘書であり、現在ジャーナリストとして活動される篠原常一郎氏である。


篠原氏は、日本共産党員時代に「北朝鮮の拉致問題」に直接携わった経験があり、複数の脱北者や韓国・北朝鮮の内通者との人脈があった。(脱北者の手助けもされていた篠原氏でなければ得られない特殊な情報源である)


今回、その人脈を通じて、篠原氏に「韓国ではメディア統制のため放送できないので、まず、日本で発表してほしい」と依頼があり「誓詞文」の原本が届けられたそうだ。


篠原氏は文書の真偽を確かめるため、韓国や北朝鮮内部に詳しい複数の関係者らに相談。全員が一致して「この誓詞文は『本物』だ」との見解を示したため、今回、ある意味”命懸け”で公表へと踏み切ったのだ…

文在寅の恐ろしい野望

篠原氏によれば、文在寅は学生時代から左派運動で逮捕・大学除籍の処分を受けるなど、共産主義的な思想に傾倒し、大統領になる前から「南北統一」を画策してきた人物だという。


しかも、彼が目指すのは韓国主導での統一ではない。金日成、金正日、金正恩など… 北朝鮮の金一族を最高指導者とする「北朝鮮思想(チュチェ思想)」の下での南北統一を目指しているのだ。つまり、文在寅の野望は、韓国を北朝鮮に吸収させ、朝鮮半島全体を真っ赤な「北朝鮮思想」に染めること…その実態が今回の「誓詞文」の公開で明らかになった。

”文政権は『いったん始めた革命をやり切るしかない』と考えているようだ。北朝鮮思想に基づく「韓国革命」の完成がいよいよ現実味を帯びてきた。 しかし、保守派の国民も黙ってはいない。コロナで混乱する今、韓国では反文在寅の勢力も異常に増えており、国内は一種の内戦状態に陥っている。”

篠原氏がこう述べるように、文政権はすでに最高裁判所や警察、検察などに北朝鮮派の人間を浸透させ、着々と韓国の改革を進めてきた… しかし一方で、篠原氏のスクープが韓国保守層の中で大きな話題になったのをきっかけに、韓国では今、史上最大規模の保守派の反対活動も展開されているという…


まさに韓国は、国家が分断しつつある「内戦の真っ只中」と言っても過言ではない。

4/15の韓国総選挙後...朝鮮半島はどう動く?

このように、コロナの報道に埋もれてほとんど表に出てきませんが、韓国では今、文在寅主導で内部侵食が着々と進み、国家崩壊の兆しが見え始めています。


そして、その韓国の行方を決める一つの節目となるのが、4月15日の「韓国総選挙」です。


もし、この4月の総選挙で文在寅が勝てば、文政権は今以上に暴走し、韓国の”北朝鮮化”がさらに加速すると予想されます。そうなれば「在韓米軍の完全撤退」や「南北朝鮮統一」もいよいよ現実的になり、東アジアで”大変革”が起きる… そんな転換点を迎えつつあるのです。

そして、一見これらは韓国や北朝鮮だけの問題に見えますが、我々日本人にも直接影響を与えかねない極めて重大な問題だと、篠原氏は警鐘を鳴らします。

”すでに沖縄など、日本国内にもチュチェ思想が浸透している。金正恩を礼賛する左翼グループが、日本の安全保障政策を攪乱(かくらん)している。”

篠原氏がこう指摘するように、文政権が始まった時期から、日本国内にも「チュチェ思想(北朝鮮の思想)」に染まった人たちが次々に入り込み… 反日活動をするなど、少しずつ影響力を広げているのです。


その筆頭が、文在寅とともに極秘文書でスクープされた朴元淳(パク・ウォンスン)氏。彼は日本の野党議員や左翼運動家をソウルに招待し、そこでソウル市の「改革の成果」を視察させたり、研修を受けさせるなど、日本の活動家を「チュチェ思想」に洗脳させる工作をすでに何度も実施。


ソウル市内を走る路線バスに設置された慰安婦像に手を添える朴元淳市長。

さらには、昭和天皇の写真を燃やす”反日アート”で大問題となった「愛知トリエンナーレ」にも裏で関与していたり、他にもソウル市の財政支援を受けた左翼団体が沖縄・辺野古で「基地反対運動」を展開したりと… 沖縄を主な拠点に次第に勢力を広げています。そして、この「チュチェ思想」の影響は教育機関にも入り込んでおり、実際に、日本の有名大学教授や公立学校の教員などが、少しずつ「チュチェ思想」に傾倒し始めているそうです… 

辺野古の埋め立て工事を妨害する韓国チュチェ思想派「平和オモニ(母)会」グループ 

もし、4月の総選挙で文在寅が勝ち、今以上に力を強めていけば、おそらく日本の「チュチェ思想」の活動も激化し、将来的には、韓国と同じように日本の政府機関や大企業の幹部にまで浸透し、日本が内側から破壊されていく…そんな可能性もゼロではありません。


そうさせないためにも、4月の選挙結果が出た後の韓国・北朝鮮の動向を正確に掴み、日本にも侵食する「危険な思想」の本質をまずは知らなければならない… そしてこれ以上、彼らの活動によって、日本人の尊厳を失わせたり、私たちの子や孫まで負の遺産を残すような状況を見過ごしてはならない…


そう考え、今回は「文在寅とチェチェ思想」の実態を暴いたジャーナリストの篠原常一郎氏をお招きして、「コロナの裏で進む朝鮮半島の危機」~北朝鮮の”危険思想”が日本を侵略する日~ というテーマで、メディアで報じられない内容を「緊急LIVEセミナー」としてお話し頂くことにしました。


そして今回、篠原氏のお話を最大限引き出し、さらに議論を深めてくださるもう一人の専門家が、情報戦略アナリストの山岡鉄秀氏です。山岡氏は、オーストラリアをはじめ海外において、実際に中国・韓国の反日勢力と対峙。慰安婦謀略戦で勝利を収めた数少ない日本人として、海外で戦い抜くための「情報戦の秘訣」を分かりやすく教えてくれます。


国内の反日勢力に精通する篠原氏と国外の反日勢力に精通する山岡氏。今回はそのお二人に「対談形式」でお話いただきます。コロナで世界が混乱する中、韓国・北朝鮮の内部は今どのような状況なのか? 南北朝鮮の統一は果たして実現するのか? そして、お二人が危惧されている、日本への反日勢力の侵食は今後どうなっていくのか?... 篠原氏と山岡氏のお話を聞くことで、今のメディアが報じない朝鮮半島・東アジアの動向を正しく掴むことができ、我々日本人が今、直視すべき問題の本質がわかるようになるでしょう。

<講座の詳細>

篠原常一郎 × 山岡鉄秀によるLIVEセミナー

「コロナの裏で進む韓国崩壊」

~北朝鮮の”危険思想”が日本に侵食する日~

開催日時:

4/19(日) PM 15:00〜最大17:00

<講義アジェンダ・(約90分)>

第一部:文在寅の暴走と韓国崩壊 ~総選挙後の韓国はどう動くのか~ 
●「北朝鮮が作った文在寅」韓国大統領が北の秘密党員? 韓国を動揺させた篠原氏のスクープ一部始終 
●「チュチェ思想に乗っ取られた韓国」警察・検察・裁判所… コロナの裏で進む韓国崩壊の実態 
●「韓国総選挙の総評と今後の行方」コロナで大ピンチの文政権:選挙後の”南北統一”実現の可能性 
●「内部報告:重病で寝たきりの金正恩」数少ない”北朝鮮ウォッチャー”篠原氏が暴く… 北朝鮮・権力構造の大変化 

第二部:日本を侵食する「チュチェ思想」の実態 ~なぜ彼らは北朝鮮の“危険思想“に従うのか?~ 
●「チュチェ思想(主体思想)の本質」危険思想はどのようにして生まれたか? 
●「沖縄反基地運動、アイヌ新法、愛知トリエンナーレ…」反日運動の裏にチュチェ思想派の陰 
●「教育界に浸透するチュチェ思想」北朝鮮を支配するための思想になぜ日本人がハマるのか? 

第三部:Q&A 
講義中に「コメント欄」を設けています。講義中に疑問に思った内容や、惠先生にお聞きしたいことをコメント欄にお書きくださいませ。 
(*LIVE講座ですので、当日の対談の流れにより、若干の内容変更が生じる可能性があります、予めご了承ください。)

<篠原先生より特別メッセージ>

※ホワイトボードに書かれている受講料と割引期間は、本キャンペーンの内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。

<受講の方法>

LIVE配信形式インターネットに繋がったお客様のパソコンやタブレット端末・スマートフォンからご参加頂けます。

LIVE配信のシステムは、大手ネット番組配信会社も使うシステムと同様のものを使用します。これまで弊社では、20回以上、LIVE配信講座を実施し、毎回、概ね90%以上の方には支障なくご視聴をお楽しみ頂いております。(※ただし、お使いの機器や、ご視聴されるブラウザのバージョン。インターネット接続環境によってはご視聴頂けなかったり、途中で動画や音声が途切れてしまう場合がございます。)
今回、ご参加された後に、実際にLIVE配信が視聴できるかどうかのテストもご用意しております。もしご視聴の環境がご不安な方は、テストにてご確認をお願い致します。(※申し込み後、テスト配信もしくは当日にご視聴いただけなかった場合、ご返金の対応はいたします。ご安心くださいませ。)

LIVE配信の録画講座も1週間見放題

予定が合わなくなっても安心です...

「LIVE配信に参加したいけど、予定が合わない…」「LIVE配信は通信環境が不安…」「後日、じっくりと復習したい」このようなお客様からの声にお答えして、LIVE講座の録画を2日後にご提供、1週間のみご視聴頂けるようにします。(*内容のカットは行いませんので、LIVE参加と同じ内容をお楽しみいただけます。)LIVEでご参加できないという方も、安心してご参加ください。

(*メンバーサイトで閲覧可能な動画・音声コンテンツをご提供。LIVE配信の2日後にはご提供予定。)

講師紹介

ジャーナリスト・篠原常一郎

元日本共産党国会議員秘書。1960年東京都生まれ。18歳で日本共産党に入党。立教大学文学部教育学科卒業。公立小学校の非常勤教員を経て、日本共産党専従に。筆坂秀世参議院議員の公設秘書を務めた他、民主党衆議院議員の政策秘書を務める。当中央委員会に勤務した後、突如査問を受け2004年に党除籍。以降は、ジャーナリストとして、軍事、安全保障問題やチュチェ思想に関する執筆・講演活動を行っている。主な著書に『ノモンハンの真実』(筆名・古是三春、光人社NF文庫)、『いますぐ読みたい日本共産党の謎』(徳間書店)。YouTubeで「古是三春(ふるぜみつはる)チャンネル」開局中。

情報戦略アナリスト・山岡鉄秀

慰安婦謀略戦で勝利を収めた数少ない日本人。自身の経験から、情報戦に強い日本人を増やす。

昭和40年、東京都生まれ。中央大卒、シドニー大大学院、ニューサウスウエールズ大大学院修士課程卒。2014年、豪州ストラスフィールド市において慰安婦像設置計画に遭遇。現地日系人を率いて2015年8月、設置阻止に成功した。著書に『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)、『日本よ、情報戦はこう戦え!』(育鵬社)、『日本を貶め続ける朝日新聞との闘い全記録』(飛鳥新社)、『新・失敗の本質』(育鵬社)など。

なぜ、この講座を無料で提供しないのか?

このような講座を売っていると、少なからず「商売なのか」と言う声をもらいます。答えは、もちろん商売です。というよりもあえて「ビジネスにしています」 なぜか? 理由は簡単です。どのようなことであっても、慈善活動では社会に大きなインパクトを与える事はできないからです。


今、世界を大きく変えている企業が、全て営利企業であるように・・資本主義の現代では、慈善活動だけで世界を変えることはできません。仮にできたとしても、それには途方もない時間がかかります。


この活動をビジネスにすることで、他よりも優秀な人材を集めることができます。そして、提供する動画など、コンテンツの質を上げることも可能になります。さらに、得た利益を講座の開発・広告投資に回すことで、世の中へ最高の知識を広げ続けていくなど… お金をいただくからこそ、さらに良い価値を世の中に提供できるとわれわれは信じています。

また、講座を有料にすることは、実は受け取る側にとってもメリットがあります。学ぶ姿勢が大きく変わるからです。あなたも経験があるかと思いますが、無料で読めるニュース記事や、YouTubeの動画はサラっと読み飛ばしますが、身銭を切って購入した本やセミナーは、何か学びを得ようと、必死で読み込むのではないでしょうか? 学びの本気度が全く違うので、情報の吸収力。それを活かす力も段違いになります。


「知識への投資は常に最高の利息がついてくる。」そう、アメリカ建国の父:

ベンジャミン・フランクリンが言うように、車やスーツ、時計などの消耗品を買うのとは違い、払った以上のリターンを着実に得ることができるでしょう。

結局のところ、限りのある人生の中で、どれだけ密度の濃い時間を過ごせるかどうか… 玉石混合の無料情報でお客様の貴重な時間が浪費されないよう、適切な対価をお預かりすることで、一流の有識者の情報を最高の形でお届けすることにこだわっていきます。

3つの品質保証安心して試すことができます

30日間の満足保証HPからすぐにご返金

14年間で142.3万人以上が利用

91%が満足の顧客サポート48時間以内に対応します

内容には自信があるので、きっとあなたに気に入っていただけるはずです。でも、もし万が一気に入らなかったなら、申込日から30日以内にカスタマーサポート宛にお電話かメールを1本ください。そうすれば、どんな理由でも代金は全額お返しいたします。

私たちダイレクト出版グループでは2019年8月1日時点で、過去14年間で累計142万3,181人のお客様に、このような商品サービスを提供してきました。あなたが初めてではありませので、どうぞ安心してお試しください。

私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、うち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。実際、休業日を除くと、48時間以内にはほとんどのメールに対応しております。なので安心してお取引いただけると思います。

「コロナの裏で進む韓国崩壊」

~北朝鮮の”危険思想”が日本に侵食する日~

お申し込みは簡単です。今すぐ、この下にあるボタンをクリックして、ご参加ください。

<LIVE配信セミナー>

内容:

篠原常一郎×山岡鉄秀によるLIVEセミナー



保証:

安心の30日間返金保証

メール一本・電話一本で解約可能

(LIVE開催後に1週間のみ録画版を視聴可能)

受講費:4,980円(税抜)

*30日間の満足保証付き、安心してお試しいただけます

会社概要 | 特定商取引法上の表記 | プライバシーポリシー | ダイレクト出版株式会社 サポート


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング13F  TEL:06-6268-0850 FAX:06-6268-0851

Copyright c 2019 ダイレクト出版株式会社. All Rights Reserved.